目的別ローンの特徴とメリットについて

Release: 2020/12/18 Update: 2020/12/18

カードローンやフリーローンではなく、目的別ローンは低めの金利で契約可能です。金融会社から融資を受けたいという時は、フリーローンや、カードローンを連想するという人は大勢います。キャッシング会社や、銀行でも、カードローンやフリーローンの宣伝に注力していますし、ネットでもよく見かける広告ではないでしょうか。とはいえ、銀行でもフリーローンの上限金利は14%~15%というところが多く、低い金利で借りることは困難です。消費者金融 審査基準
同様にフリーローンもカードローン同様に追加借り入れはできないものの、目的が自由ということもあり、カードローンに比べて大幅に金利が低いものでもありません。より低い金利での融資を受けたいという人は、借りたお金の用途が限定されますが、目的型ローンを使ったほうがいいでしょう。目的別ローンの特徴として、追加借り入れができないだけでなく、返済計画も立てやすいという面もあります。最初の申込みの段階で融資金は固定されますし、月々の返済金額や完済時期が明確になるので、金融機関も低リスクで貸し出せます。金融会社の中には、目的が明確なローンであれば金利が10%引き下げられるということもありますので、低金利で借りたいという人にはおすすめです。目的型ローンを取り扱っている銀行の中は、もともと低い金利を、優遇措置でもっと低くするところもありますので、カードローンよりもずっと低金利になります。融資が必要という際には、目的別ローンを選択することがベストであり、目的別ローンの方が審査が厳しいと考えないことがポイントです。低金利で融資を受けたり、まとまった金額が借り入れ可能になることもありますので、目的型ローンは積極的に活用していきたいものです。信用情報機関CICはどんな役割


関連コンテンツ